災害用音声データ送受信システムの開発

business_mobile_network02.png


震度6弱以上の地震など大規模災害発生時は音声発信(通常の電話)が集中し、音声通信網に負荷がかかり、つながりづらくなる。
その対応策として、音声通信(通常の電話)に代わり、データ通信網で音声メッセージをお届けする災害時専用のサービス。
<システムの特徴>
<開発環境>
■OS
  • Windows 7(開発マシン)
  • Enterprise Linux(システム運用マシン)
■言語
  • JavaServlet
  • EJB(Enterprise Java Beans)
■DB
  • Oracle
■ミドルウェア
  • WebLogic 10.3
  • Oracle 11g
■プロトコル
  • http
  • SOAP
  • REST